直島の旅

先日のお休みに、念願だった直島へ行ってきました。

旅日記、長文になります(笑)
ぜひお時間のあるときに。


高松からのフェリーに乗り、いざ直島へ!!

30人乗りくらいの船。

水しぶきと海の風を浴びながら島に向かいました。



こんな感じでバババババーっと音を立てながら。


直島に到着し、早速『家プロジェクト』という、アーティストが空き家をまるまる作品化したものを見てまわりました。


歯医者兼住居だった建物を大竹伸朗さんがペインティングやコラージュした建物。


直島では、作品や美術館の中の写真NGだったので、外観をパシャリ♪


中はかなり大きな自由の女神がいたり、床から壁まで、コラージュだらけでかっこよかったです!


護王神社もすごかったのです。


ガラスの階段がそのまま地下につながっていて、地下も観ることができました。
地下は静かでキラキラしていて、幻想的でした。


その後、自転車を借りて向かった先は
安藤忠雄さん建築の地中美術館と李禹煥美術館へ。




まずは地中美術館。


モネ、ジェームス・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が展示されていました。

モネ以外はここで初めて知ったのですが、すべての展示が自然光を使った空間そのものの展示だったので、観る時間や、天気で大きく印象が変わるような作品でした。

なんといっても計算されつくした建物がため息もののかっこよさでした。


地中美術館の近くにある李禹煥美術館は、建っている場所がとにかくキレイでしたー!!


自然と海とコンクリートのコントラストがかっこよすぎます。


かっこいいって言葉だけじゃ言い表せないです、、

李禹煥美術館では『瞑想の間』が印象的でした。
真っ白い部屋に黒い四角の絵が2つがポツンと書かれている空間で靴を脱いで座り、静かに時間の流れを感じるような空間でした。


時間が止まったような不思議な感覚でしたね。


自転車で汗びっしょりだったので、夕方向かった先は、大竹伸朗さんの『I♡湯』へ。


ここも銭湯まるまる大竹伸朗さんのデザイン。

中は蛇口から浴槽から壁からすべてアートで、コラージュが張り巡らされていたり、大きな象がいましたっ!


猫もくつろいでましたね♪




そうそう!

島では、草間彌生さんのバスも走ってて可愛かったです♡



そして、草間彌生さんの黄色いカボチャと赤いカボチャも観ましたよ♡


月明かりに照らされた黄色いカボチャがまたまたかっこいい。


赤カボチャにはちゃっかり入ってみたり(笑)


直島はアートはもちろん自然が美しくて、そしてとにかく島の人たちが優しくてあったかくて、幸せな気持ちになりました♡


旅日記は続きます♪


0コメント

  • 1000 / 1000