一度立ち止まって

ここ2ヶ月くらいゆっくり、じっくり読んでいた本。


児童書のモモです。


1度は手に取ったことがある方も多いはず。

私もその1人で、
まだ小学生のときにこっそり姉の部屋に忍び込んで、この本を見たことがあります。
(姉もこのブログを読んでくれているので、忍びこみがバレてしまいますね…笑)


そのときはただ難しそうなファンタジーだなぁと思って、2ページくらい読んで本棚に戻しました。

あれから、20年(!)

まさかこの本を読むことになるとは。

店長の中村に薦められて読み始めてみました。



時間ドロボウのお話なのですが、かなり深い内容です。

現代を描いたような話で、考えさせられます。

身近な人との関わり方、接し方、
ついつい忙しい、時間がないからと後回しにしがちなことを、なぜそれを省いて暮らしてしまうのかとハッとさせられるフレーズがたくさんでした。


今やるべきこと、後回しにするべきことが実は逆なのではないか?と考えたら、ふっと力が抜けた感じがしました。


3年後、5年後、10年後にまた何度でも読み返したい本です。

大げさかもしれないですが、人としての原点に戻らせてくれる本かも。


20年前にこの本を読んだ姉はどんな感想だったのか、秋田に帰ったら聞いて見ようっ!

そんなことを思いながら、昨日は姉からもらったキャンドルを焚いて、本を読みきりました。


忙しい方にこそ、一度立ち止まって読んでもらいたい本です。

成田の8月のお休みは、
毎週火曜日、20日(土)21日(日)です。

0コメント

  • 1000 / 1000